2005年
葛城古道・彼岸花開花情報!



2006年の葛城古道 彼岸花情報はこちら
2005年9月23日〜25日 葛城古道の彼岸花情報
 9月23日〜25日に葛城古道の彼岸花はピークをむかえました。これからは日ごとに彼岸花は色あせていきます。9月26日・27日くらいはまだ美しい彼岸花が見れると思いますが、10月1日・2日の週末にはほとんどの彼岸花が色あせてしまっているでしょう。また来年のお楽しみですね。

  今後、葛城古道周辺では10月上旬頃まで「黄金色の稲穂」の風景や稲刈りの風景が楽しめます。

 さらに秋が深まると木々が色づき紅葉の季節を迎えます。特に一言主神社の樹齢1200年の乳銀杏の黄葉は見事で、彼岸花の季節に負けないくらい一言主神社周辺は賑わいます。
 

9月23日
葛城古道・森脇


葛城古道の片上醤油さんと当店「むすひ」の間の田園は彼岸花が群生しています。満開の景色は見事です。

9月24日
九品寺周辺


九品寺周辺は彼岸花の数も多く、裏山の千体仏などにも多くのカメラマンが訪れてました。
9月24日
長柄集落〜極楽寺間


葛城古道脇のあぜや土手に彼岸花が咲き乱れています。

9月24日
橋本院周辺



橋本院のある高天の集落は葛城古道の中でも最も高地にあります。
すっかり秋の深まった感がありました。



金剛山が迫る風景は日本神話の「高天原」伝承地にふさわしい独特の空間です。

橋本院境内の「瞑想の庭」です。彼岸花以外の花も楽しめます。
9月23日
葛城一言主神社参道


葛城古道の彼岸花スポットとして有名な場所です。


私の下手な写真よりも、是非現地のナマの景色を楽しんでいただきたいです。

参道の両脇に彼岸花が咲き乱れます。

一言主神社は乳銀杏の黄葉も見事で、たくさんのウォーカーやカメラマンの方が訪れます。

葛城古道の紅葉情報や乳銀杏の黄葉情報もお届けします!
またどうぞご覧下さい。


さらに葛城古道の彼岸花の写真を見たい方はこちらのサイトへ
 やまさきひであきのデジカメギャラリー小さな写真館

 季節をたずねて〜河内太古の写真館

葛城古道茶屋むすひ 


葛城古道茶屋むすひホーム