「美しい日本の歩きたくなるみち500選」奈良

日本神話のふるさと


葛城古道の名所をウォーキング2


 神秘的なムードの漂う天孫降臨伝説の地、高天原周辺。

 
 高天原周辺は葛城古道のコースの中で最も標高の高い場所です。金剛山の中腹に広がる高原台地は「神話の里」の呼び名にふさわしい空間です。

「葛城古道茶屋むすひ」の HOME

   風の森・高鴨神社周辺 > 長柄神社・(重文)中村邸 >葛城一言主神社周辺 > 九品寺・六地蔵周辺

えんむすひリンク
 独特のムードが漂う伝説の地  日本神話の天上界の場所
 高天彦神社

 葛城古道の中でもっとも標高の高い位置にある神社です。神話で活躍の高御産巣日神(たかみむすひのかみ)が奉られています。天孫降臨伝説の地にふさわしい神秘的なムードの神社です。
 
 史跡 高天原


 高天原とは日本神話でいう天上界のことです。この石碑の立つ周辺が高天原であったとう説があります。金剛山中腹の高原台地の空気を肌で感じてみてください。
 時間が止まったような静寂感を  災いも福にカエル頼もしい石
 
 高天寺橋本院

 行基によって開かれた歴史を持つ真言宗の寺院です。あの鑑真和尚も住職に任ぜられたこともあり、修験道の開祖、役小角(えんのおづぬ)も修行した寺院です。夏の夜には素敵な夕涼みコンサートが行われます。葛城古道はこの橋本院の境内を通りぬけさせていただくことになります。くれぐれもマナーを守って!
 
         夕涼みコンサート案内

 幸せを呼ぶ福蛙

 高天彦神社のすぐ脇にある不思議な石です。災いも幸福にカエル。欲しいものがカエル。待ち人もカエル。
 使ったお金も友達を連れてカエル!
 林道を抜けるとそこは・・  珍しい鐘楼門のお寺
 
 涼しげな林間の葛城古道

 橋本院と極楽寺の間にある林間のコースです。天候が悪い時は、足場が悪いので別のコースを通ることをおすすめします。

 極楽寺

 天暦5年(951年)に一和(いちわ)という僧が開いたと伝えられています。
 極楽寺の門は上が鐘楼になっていrユニークなつくりです。このお寺からの見晴らす景色もきれいです。

極楽寺ヒビキ遺跡について

極楽寺ヒビキ遺跡は古代にこの地で栄えた古代豪族葛城氏の王宮跡ではないかと言われています。場所は極楽寺の東側近くです。2月26日に現地説明会が予定されています。当日は近鉄忍海駅から臨時バスが発車されます。取り急ぎ。
「葛城古道茶屋むすひ」の HOME

   風の森・高鴨神社周辺 > 長柄神社・(重文)中村邸 >葛城一言主神社周辺 > 九品寺・六地蔵周辺

えんむすひリンク