美しい日本の歩きたくなる道500選〜日本神話のふるさと 葛城古道をウォーキング!

葛城古道茶屋むすひ作成!葛城古道ウォーキングコースガイド
トップ むすひメニュー葛城古道の関連書籍リンク ・ 姉妹サイト 運営者情報 ・メール

メールマガジン
葛城古道むすひ通信
店主が贈るメルマガ


葛城古道の情報満載!メルマガ読者専用裏ページ「毎週火曜日に良い事あるカモ!キャンペーン付きの一部はこちら

メールアドレス

お名前
(ニックネーム可)



葛城古道茶屋むすひが紹介されている本

報道記録
「ならリビング」
2004年11月19日号
中和版でむすひ店主が紹介されました。
「ならリビング」
2005年1月21日号
北和版でむすひ店主が紹介されました。
ならリビング.COM
マスコミの皆様
取材喜んでお受けします。

090-1243−5290
FAX 0743-70-8680

葛城古道関連新刊


週刊「街道をゆく」22号(朝日新聞社)で「葛城のみち」が登場!


葛城古道ウォーキングコースガイド

近鉄御所駅スタート編

近鉄御所駅スタート
鴨山口神社へ
六地蔵石仏周辺
九品寺周辺
大和三山を見晴らす
葛城一言主神社
葛城古道茶屋むすひ
中村邸(名柄集落)へ
極楽寺周辺
高天寺橋本院周辺
高天原伝承地を歩く
高天彦神社周辺
山野草園で森林浴
伏見〜歴史文化館
高鴨神社
風の森〜船宿寺
葛木御歳神社


近鉄御所駅スタート→風の森ゴール編その6 葛城一言主神社周辺
コース概要 葛城一言主神社周辺
 近鉄御所駅からのんびり歩いて約2時間で一言主神社に着きます。ここで昼食をとられる方も結構おられます。ただし人や自動車の往来が気になる方には、ちょっと食事には落ち着かないかもしれません。
 
 ここからしばらくは集落の中を歩きます。ほとんど坂道もなく楽な道のりです。ちなみに「葛城古道茶屋むすひ」は一言主神社から5分ほど先にあります。

ワンポイント

 
驚くべき事に近鉄御所駅を出発して、ここまで飲み物の自動販売機は殆んどありません。(もちろんお店もありません。)私の記憶では、大正小学校〜鴨山口神社間に自動販売機がひとつあったくらいです。一言主神社周辺でも飲み物は買えません。
 
 飲み物を切らすとせっかくの昼食も喉を通りません。飲み物の準備は少し多めにされるといかと思います。

只今、「葛城古道茶屋むすひ」では、烏骨鶏しょうゆめし弁当を1週間前までにご予約いただくと、500ml入りのペットボトルのお茶をサービスでお付けしてランチスポットにお届け致しております。

 このサービスをご利用いただくと、余分に重たい飲み物を持ち歩く必要もなく、身軽に楽しくウォーキングができますよ。

>>烏骨鶏しょうゆめし弁当早期ご予約特典のページはこちら




古事記神話でも有名。葛城一言主神社
 葛城古道の中でも特に人気の場所がこの葛城一言主神社(かつらぎひとことぬしじんじゃ)ですこの葛城一言主神社が全国にある一言主神社の総本社です。

 記紀神話で、ご祭神の一言主大神(ヒトコトヌシノオオカミ)と雄略天皇とのエピソードは有名です。他にも修験道の祖、役の行者とのエピソードでも名高く、司馬遼太郎氏も「街道をゆく」の中でこの一言主神社のことを取り上げています。

古事記なんて読んだことないわ!」という方はこちらをどうぞ。私も昨年初めて読みました。「難しい話し」と思っていたら、すっごく柔らかい話でした。こちらでご紹介の本なら初めての方でも古事記に親しめるはずです。
 
葛城古道の関連書籍のページはこちら

ボケ封じのご利益が・・
 葛城一言主神社の境内に入ってまず、目に入るのがこの「至福の像」です。ボケ封じのご利益があるそうで、最近、物忘れの激しい私は手を合わすことにしています。

葛城一言主神社拝殿
 人気の秘密はやっぱり「一言の願いなら叶えて下さる。」という伝説のせいではないでしょうか。

 「むすひ」に来られるお客さんからは、
「本当に願いが叶った!」という嬉しい知らせをよく聞かせていただきますよ。

 写真が葛城一言主神社の拝殿です。なぜか、よく神社にある「ガラガラと音のなる鈴」がありません。なんででしょう?
黄葉が見事な「乳銀杏」
 境内にあるご神木の「乳銀杏」(ちちいちょう)は樹齢約1200年の銀杏の大木です。秋の黄葉は圧巻で、たくさんの方がこの銀杏の黄葉を見に来られます。身近に見るとすごいパワーを感じる巨木です。
乳銀杏看板
 この乳銀杏には乳房のような木肌がいくつも垂れ下がっていることから、「子授け」や「乳の出が良くなる」ご利益があると信仰を集めています。
葛城古道ウォーキング記念証明書の絵柄にも
 
 乳銀杏は葛城古道ウォーキング記念証明書の絵柄にもなっています。
 有名なだけに、さすがにこの絵柄を選ばれる方が多いですね。

謡曲「土蜘蛛」の話しのもとの蜘蛛塚がここに
 謡曲、土蜘蛛は源頼光(金太郎を家来にした武将)に襲いかかった葛城の土蜘蛛の亡霊が四天王に退治される説話です。土蜘蛛というのは、古代に大和朝廷に従わなかったその地の首長や集団をさす蔑称だと言われています。古代にこの地で、戦いがあったのでしょう。蜘蛛塚は土蜘蛛と呼ばれた人々の供養のために一言主神社の拝殿の脇にひっそりとあります。
葛城の亀石

 「亀石」といえば、飛鳥の「亀石」を思い浮かべますが、葛城にも「亀石」があります。
 その昔、役の行者が災いをもたらす黒蛇を封じるために乗せた石がこの亀石だという伝えがあります。一言主神社のどこにあるか探してみてください。
葛城一言主神社のトイレ
 この4つのトイレが葛城一言主神社のトイレです。男女共用で、参拝者が頻繁に利用します。本来、清潔に清掃されているトイレですが、少し前に入った人の使い方によっては汚れていることもあります。
司馬遼太郎氏のお気に入りの参道
 司馬遼太郎氏の「街道をゆく」第一巻の中で、葛城古道は「葛城みち」として紹介されています。文中で司馬遼太郎氏がとても誉めていたのが、葛城一言主神社の参道です。そんなにすごい参道かな?
葛城古道の関連書籍のページはこちら

次は葛城古道の新名所??いよいよ当店が登場します!
でもその前に、
「ん?このいい香りはなんだ??」

いい香りの正体は?>その7 葛城古道茶屋むすひ周辺へ


葛城古道茶屋むすひトップページへ
Copyright (C) 葛城古道茶屋むすひ, All Rights Reserved.