美しい日本の歩きたくなる道500選〜日本神話のふるさと 葛城古道をウォーキング!

葛城古道茶屋むすひ作成!葛城古道ウォーキングコースガイド
トップ むすひメニュー葛城古道の関連書籍リンク ・ 姉妹サイト 運営者情報 ・メール

メールマガジン
葛城古道むすひ通信
店主が贈るメルマガ


葛城古道の情報満載!メルマガ読者専用裏ページ「毎週火曜日に良い事あるカモ!キャンペーン付きの一部はこちら

メールアドレス

お名前
(ニックネーム可)



葛城古道茶屋むすひが紹介されている本

報道記録
「ならリビング」
2004年11月19日号
中和版でむすひ店主が紹介されました。
「ならリビング」
2005年1月21日号
北和版でむすひ店主が紹介されました。
ならリビング.COM
マスコミの皆様
取材喜んでお受けします。

090-1243−5290
FAX 0743-70-8680

葛城古道関連新刊


週刊「街道をゆく」22号(朝日新聞社)で「葛城のみち」が登場!


葛城古道ウォーキングコースガイド

近鉄御所駅スタート編

近鉄御所駅スタート
鴨山口神社へ
六地蔵石仏周辺
九品寺周辺
大和三山を見晴らす
葛城一言主神社
葛城古道茶屋むすひ
中村邸(名柄集落)へ
極楽寺周辺
高天寺橋本院周辺
高天原伝承地を歩く
高天彦神社周辺
山野草園で森林浴
伏見〜歴史文化館
高鴨神社
風の森〜船宿寺
葛木御歳神社

近鉄御所駅スタート→風の森ゴール編 その10 高天寺橋本院
コース概要 高天寺橋本院周辺
 高天寺橋本院のある高天(たかま)地区は金剛山の中腹にある高原台地です。日本神話で神々が住む高天原(たかあまはらorたかまがはら)のモデルとなった実在地ではと言われます。高天へは自動車でも行けますが、歩いてこそ「日本神話のふるさと」の空気に触れることが出来るように思えます。

 高天へは少し急な坂道を15分ほど歩くことになります。葛城古道でもっとも体力をつかう難所です。ただ、こまめに休んでも30分くらいでクリアできます。高天地区内の移動はほとんど坂道もなく、のんびりとしたウォーキングを楽しめます。


 橋本院の瞑想の庭も昼食場所におすすめの場所です。但し近鉄御所駅から歩きだすと12時前後にこの辺に到着するのは難しいです。むしろ風の森バス停スタートの場合の昼食場所にちょうどいい場所です。

 もちろん、こちらにも「烏骨鶏しょうゆめし弁当」を配達させていただきます。


ワンポイント


「道なき道?」のようなところも歩くので、ウォーキングマップでもうまく表現が出来ません。ですから迷うかもしれません。迷ったら、思いっきり愚痴って下さい。葛城古道を歩いた人同士では、結構話しが盛り上がるでしょう。「私もあそこで迷ったー!」と。(笑)良くも悪くも思い出に残る場所です。
只今、「葛城古道茶屋むすひ」では、烏骨鶏しょうゆめし弁当を1週間前までにご予約いただくと、500ml入りのペットボトルのお茶をサービスでお付けしてランチスポットにお届け致しております。

 このサービスをご利用いただくと、余分に重たい飲み物を持ち歩く必要もなく、身軽に楽しくウォーキングができますよ。

>>烏骨鶏しょうゆめし弁当早期ご予約特典のページはこちら

橋本院への林道
 高天に上がる道には写真のような林道と自動車も通れるアスファルトの道とがあります。

 おすすめは、この林道で登り、アスファルトの道路で下ってくるコースです。尚、風の森バス停スタートの場合はこの道を下りで通るのがおすすめです。 大雨の後などは往復アスファルトの道路を通るのがいいと思います。
 
難点は、山麓線からこの道への入り口がわかりずらいところです。
迷わずに見つけるポイントは・・・・。

「どうか、うまくみつけられますように!」と神様にお願いを・・。


山道のこけむす橋
 うまく林道に入れば、こんな橋?を渡ることになるでしょう。「散策」というよりも「探検」している気分になります。

葛城古道看板
 林道を無事抜けるとそのまま橋本院の境内に入ります。ここから先の葛城古道は高天彦神社までのゆるい登り坂があるだけです。

瞑想の庭へ
 「瞑想の庭」は橋本院の境内の庭です。開放感ある庭はとても静かで、小鳥のさえずりや風の音を楽しむことができます。四季の草花も美しくカメラマンも多く訪れます。今まで歩いてきた葛城古道とは違うムードがここにはあります。

 この庭はその殆んどを住職さんとその奥さんで整備されています。橋本院も観光収入はありません。あちこちにあるベンチなどは全てご厚意によるものです。


 境内にさりげなく咲いている野の花も「ここを訪れる方に楽しんでもらえるように・・。」と大切に育てられているものです。

大変ありがたいですね。

夏にはここで夕涼みコンサートも行われます
 橋本院の「瞑想の庭」では毎年8月に夕涼みコンサートが行われます。春のお彼岸には落語会もあります。どちらも無料で参加できます。葛城古道茶屋むすひのホームページでは、葛城古道周辺のイベント情報もお知らせしています。たまにのぞいてみて下さいね。
葛城古道のイベント情報のページはこちら

葛城古道ウォーキング記念証明書の絵柄にも

 葛城古道ウォーキング記念証明書には橋本院の絵柄もあります。
 どれにしようか迷うでしょう?何回も葛城古道に来て全部集めてくださいね。

 

橋本院の本堂

 そういえば橋本院の説明がまだでしたね。橋本院というお寺は養老年間(715年〜724)に行基が開いた高天寺(たかまでら)というお寺の子院のひとつです。

 高天寺はあの鑑真も住職に任ぜられたほどの格式高い大寺院です。修験道の祖といわれる役の行者(えんのぎょうじゃ)が修行をしたお寺としても有名です。

 高天寺は南北朝時代に焼き討ちにあい、現在の場所に移されたました。その際にそばの池に橋があったことから「橋本院」という名前になったそうです。

 現在は高野山真言宗のお寺で、ご本尊は十一面観世音菩薩です。


本堂の前を通る葛城古道
 橋本院の境内はいつ訪れても季節の草花がとてもきれいです。ここを歩くのはとても癒される感じがします。

高天寺・橋本院の山門
 写真が橋本院の山門です。今回、ご紹介しているコースルートでは、この山門をくぐって橋本院を後にします。これから高天原や高天集落の景色を楽しみながら、高天彦神社を目指します。

私の大好きな
「幸福を呼ぶカエル石」も登場!

幸運にカエル石登場>その11日本神話の高天原伝承地を歩く


葛城古道茶屋むすひトップページへ
Copyright (C) 葛城古道茶屋むすひ, All Rights Reserved.